サービスで考える

航空会社を選ぶ基準として、長い時間座っていくということを忘れてはいけません。エコノミークラスでは、かなり狭い座席に乗っていくことになりますので、他の環境に注目してみてもいいでしょう。逆にクラスを上げることができるのであれば、これに越したことはありません。どこ航空会社でも、快適な空の旅にすることができます。 座席の位置や横幅は、わずかに違いがありますが、基本は同一だと思って間違いありません。ただし、航空会社によってシートのメーカーに違いがあり、座った感触が違ったりします。

長時間座っていくのですから、音声をヘッドフォンでとれるかどうかも判断の基準となるでしょう。ジャックは3種類存在しますので、ステレオミニジャックが使えるかどうか調べておくと普段から使っているものを使用することができます。当然、個人用のモニターがあると、さらに快適に移動することができますが、LCCなどではついていないことも多くなりました。番組の充実度に関しても、同様に重要になりますので、判断基準とするといいでしょう。機内サービスも違いが現れやすい部分ですが、日本の航空会社に比べると、海外の航空会社はつらく感じてしまうものです。違和感なく移動したいと思うのであれば、日本の航空会社を選択すると間違いありません。

購入時のマイルも重要な選択肢ですが、サービスほど重要ではありません。マイルに関しては、どこも競争状態で似たような展開になっています。それよりも購入方法が重要で、会社によってかなりの差が出てくるものです日本の航空会社は、そこまでの差がありませんが、海外では態度が悪いところもありますし、手続きもひどいところが出てきます。そのため、ネット購入ができるところを選んでおくと、そこまで差が出なくなりますので、チェックしておくといいでしょう。